新宿御苑 美容内科-Men's TOP > ICI療法(陰茎海綿体注射) ・カバージェクト

ICI療法(陰茎海綿体注射) ・カバージェクト

ICI療法(陰茎海綿体注射) ・カバージェクト

ICI療法(陰茎海綿体注射療法) は新宿御苑メンズクリニックへ

注射で強制的に勃起をさせる、ICI療法(陰茎海綿体注射) とは?

1982年にフランスの血管外科医によって発見された、陰茎海綿体注射による治療法です。

先進8ヶ国の中では唯一日本だけが認可されていない治療法で、自己責任で行う必要があります。 しかし「ED治療薬が効かない」「持病などでED治療薬が服用できない」というケースにも治療効果が認められています。

そして数ある治療方法の中で最も即効性があり、注射後5分〜10分で勃起が起こるのが特徴です。

   

「ED治療薬が効かない」「持病などでED治療薬が服用できない」
というケースにも治療効果が認められています。

勃起は男性器の中にある海綿体というスポンジ状の組織に血液が流れ込むことで起こります。 通常は性的な刺激を受けると血液が流れ込むのですが、このとき血管を縮まらせる働きをする酵素(PDE-5酵素)が作用すると男性器内の血管に血液が流れ込まないため 勃起しなくなってしまうのです。

性的刺激が無くても勃起に至り、数時間の維持が可能です。

ICI療法(陰茎海綿体注射療法)はペニスの海綿体に薬剤を直接注射することで、ペニスの血管を拡張し、強制的に勃起を促します。ED治療薬との大きな違いは、 陰茎海綿体注射の場合は性的刺激が無くても勃起に至り、数時間の維持が可能となります。(※効果には個人差があります。)

注射を直接ペニスに打つため、痛みなどを心配して敬遠されがちな治療法ですが、使われる注射針は非常に細く、注入する薬剤の量もごく微量です。 勃起の発現が早いことから、従来は病院から急いで帰宅しなければいけないなどの制約が多くありました。現在も日本では自己注射は正式に認可されていないため、 自己注射を希望する場合は医師と患者の自己責任で行うことになりますが、医師から指導を受ければ可能となります。

新宿御苑メンズクリニックのICI療法(陰茎海綿体注射)のポイント

当院のポイント

ICI療法(陰茎海綿体注射療法)の副作用

・陰茎痛
・持続勃起症
・海綿体繊維化
・不整脈、めまい、顔面紅潮など

これらの症状は必ず現れるわけではありませんし多くの方が心配されるほど深刻なものではありません。 ただし4時間以上勃起が持続してしまう場合は、病院での緊急の処置が必要となります。 陰茎海綿体注射療法が開発された当初は、パパベリンという薬剤を使用することが多く、 持続性勃起症や海綿体が繊維化してしまう陰茎海綿体繊維症などの副作用が見受けられました。 しかし現在は、プロスタグランディンを始めとする複数の薬剤を個人の症状などに合わせて調合を細かく変えているため、副作用が少ない治療法となっています。
(※症状の程度や症状が治まるまでの時間には個人差があります。)

カバージェクト(陰茎海綿体注射)の使用方法

・使用は成人男性に限ります。
・ペニスの基底部に本品を注射して使用します。
・用法、容量は個人差が強くまた自己注射となるため、必ずドクターの指示通り使用して下さい。


ICI療法(陰茎海綿体注射療法) は新宿御苑メンズクリニックへ
ページトップへ戻る

ICI療法(陰茎海綿体注射療法)Basic charge list

※料金はすべて税抜き価格です。

ページトップへ戻る

わきが・多汗症 治療

男性診療

AGA 男性型脱毛症

医療ダイエット・痩身

男性美容

注射・点滴療法

SITE MENU

Copyright(C)新宿御苑 メンズクリニック, All Rights Reserved.