トップページ > ED(勃起不全)治療 / ED(勃起不全)治療薬 / ED治療薬 スピード処方

ED(勃起不全)治療 / ED(勃起不全)治療薬 / ED治療薬のスピード処方

ED(勃起不全)治療とは?

新宿でED治療薬の処方は新宿御苑メンズクリニックへ

ED(勃起不全)とは、性交時に十分な勃起やその維持ができずに、
満足な性交が行えない状態と定義されています。

ED 勃起不全とは?

「完全に勃起ができない状態 = ED」と思われがちですが、実はそうではありません。勃起に時間がかかる、勃起しても途中で萎えてしまう、満足のいく性交ができない…状態の人は、いずれもEDの疑いがあります。

ED患者は、現在日本に約1130万人おり40代は20%、50代は40%、60代は60%の男性がEDだといわれております。 さまざまな症状・程度がありますが、専門的には「性交時に十分な勃起やその維持ができずに、満足な性交が行えない状態」と定義されています。

ED治療薬での治療方法

ED治療薬(バイアグラ、レビトラ、シアリス)は、体の血管を拡張させ血流を良くし、特に海綿体の血管を拡げることによって勃起を補助する薬剤です。催淫剤や性欲増進剤ではありません。 依存性、中毒性、耐性、妊娠への心配はなく、ニトログリセリンとの併用を除いて極めて安全な薬剤です。

ページトップへ戻る

シルデナフィルOD錠 / バイアグラ(ジェネリック)

バイアグラ ジェネリック(シルデナフィル)

シルデナフィル

シルデナフィルOD錠50mgVI「トーワ」発売開始!!
2014年5月26日シルデナフィルOD錠50mgVI「トーワ」が販売開始となりました。
バイアグラのジェネリック薬品で勃起不全治療薬(ED薬)として、 用法・用量は1日1回シルデナフィルとして25〜50mgを性行為の約1時間前に経口投与です。

名前の由来はバイアグラの一般名シルデナフィルとVIは先発品バイアグラ(VIAGRA)の頭文字で、水なしで飲めるOD錠として東和「トーワ」からの発売です。 規格は先発品のバイアグラが25mgと50mgですが、東和は割線付きの50mgのみを販売です。コーヒー風味とレモン風味の2種類あります。

1998年ファイザーが勃起不全(ED)治療薬「バイアグラ」を米国で販売。
1999年日本で初めて承認・発売。
2014年5月13日バイアグラの主成分であるシルデナフィルの勃起不全治療に関する用途特許が期間満了し、ジェネリック(後発薬)が解禁。
5月26日東和からシルデナフィルOD錠50mgVI「トーワ」発売開始。

レビトラ ジェネリック(バリフ)

バリフ

バリフの主成分はバルデナフィルですので基本はレビトラと効果や副作用は全く同じです。 バリフやレビトラはPDE-5阻害薬に分類される薬剤でPDE-5阻害薬は主にED治療で使われています。

PDE-5阻害薬は陰茎海綿体で勃起に関与するPDE-5という酵素の働きを抑え、陰茎周辺部のNO作動性神経に作用して血管を拡張させ、血流量を促すことで勃起の持続力を促します。 また有効成分であるバルデナフィルは飲食の影響を受けにくいため、 バイアグラ(シルデナフィル)と比較するとシルデナフィルと違い飲食をした後での効果が半減したりしません。

約700Kcalまでは食事の影響を受けないと考えられています。最も食事の影響の少ないシアリス(タダラフィル)は800Kcalまでは食事の影響を受けません。 ただしED治療薬はどの薬剤も油分の多い食事を取った後は非常に吸収が悪く、効果が減弱してしまいます。バリフを食後に服用する場合には2時間以上あけて使用してください。

バイアグラ

バイアグラ

バイアグラは米ファイザー社によって開発された世界初の経口ED治療薬です。日本では1999年1月に承認され、同年3月、ファイザー株式会社より発売されました。 世界120カ国以上で承認されており、4000万人以上の男性が服用しています。日本では25mgと50mgが医療機関で処方されています。


レビトラ

レビトラ

レビトラは独バイエルヘルスケア社によって開発された二番目のED治療薬です。 日本では2004年4月に承認され、同年6月からバイエル薬品株式会社より発売されました。現在はアメリカ、ヨーロッパなど70カ国以上で発売されています。 レビトラの名前の由来はle(フランス語の冠詞)とvitra(ラテン語で生命のという意味)の合わせた名前と言われています。 日本では10mgと20mgが医療機関で処方されています。

シアリス

シアリス

シアリスは米イーライリリー社で開発されたもっとも新しいED治療薬です。 日本では2007年7月に承認され、同年9月から日本イーライリリー株式会社より発売されました。(現在は、日本新薬株式会社が販売) 欧米では2003年から販売されており、すでに世界100カ国で1000万人以上の方に使用されています。シアリスは持続時間の長さから『ウィークエンド・ピル』と呼ばれている人気の高いED治療薬です。 日本では10mgと20mgが医療機関で処方されています。

ICI療法(陰茎海綿体注射療法)

ICI療法

1982年にフランスの血管外科医によって発見された、陰茎海綿体注射による治療法です。 先進8ヶ国の中では唯一日本だけが認可されていない治療法で、自己責任で行う必要があります。 しかし「ED治療薬が効かない」「持病などでED治療薬が服用できない」というケースにも治療効果が認められています。 そして数ある治療方法の中で最も即効性があり、注射後5分〜10分で勃起が起こるのが特徴です。詳しくはこちら

グローミン(男性ホルモン軟膏)

グローミン

「グローミン」は、体内で産生する男性ホルモンのうち、テストステロンを皮ふから吸収させて補充することで、 男性ホルモンの分泌不足にともなう諸症状の改善が期待できる塗り薬です。 「グローミン」は、有効成分として男性ホルモンであるテストステロンを配合したクリームタイプの医薬品です。 男性の場合、テストステロンの分泌は一般的に第二次性徴期から急上昇したのち30歳頃まで旺盛ですが、 その後は加齢とともに衰え、社会的なストレスが特に高まり生活習慣病が顕在化する40歳代後半から、人により顕著に減少することがあります。 性機能の衰えなど加齢にともなう症状は、男性更年期と呼ばれるこの頃から多く発現します。 男性ホルモンの分泌不足による諸症状。性欲欠乏、勃起力減退、陰萎、性感減退、遺精、早漏、睾丸欠落症、 先天性睾丸発育不全。脳下垂体性腺ホルモンが無効の潜伏睾丸などに適応しています。詳しくはこちら

スーパープラセンタ

スーパープラセンタ

スーパープラセンタとは、 健康な新生児の「へその緒」「胎盤」には老化を防止する機能があり、 その素晴らしい機能を老化防止に利用したのが「スーパープラセンタ」です。 スーパープラセンタは、へその緒と胎盤の組織を特殊な処理法で細分化し、 負担なく効率的に体内へ注入できるように工夫されたもので、非常に早く効果を実感できます。 男性には次のような効果も期待できます。勃起不全、心因性インポ、強精、強壮、ボケ防止等。詳しくはこちら

ED(勃起不全)治療Basic charge list

ページトップへ戻る

ED(勃起不全)の原因について

@機能性(心因性)ED…ストレス、緊張、夫婦関係、性行為の失敗などが原因

精神的なストレスなどで、交感神経が反応し持続的な興奮や緊張をもたらします。交感神経の活性化は副交感神経に影響を与えるため、性的な興奮がうまくペニスに伝わらず、EDが起こりやすくなります。主に30〜40代が多く、その原因は実にさまざまです。

A器質性ED…加齢、男性ホルモン低下、高血圧・糖尿病などの生活習慣病、神経が傷害される病気、うつ病などが原因

EDの原因について

血管や神経の障害で起こるEDです。加齢に伴い体内の一酸化窒素(NO)が減少し、動脈が硬化することが原因の1つと考えられます。 また喫煙や内臓脂肪が原因で体内の活性酸素量が多くなり、酸化ストレスが高まります。 酸化ストレスは神経や血管の機能を損ない(NOが出なくなる)EDを引き起こす要因となります。

その他、神経が傷害される病気(脳出血、脳腫瘍、脳外傷、脊髄損傷、パーキンソン病、アルツハイマー病など)、 陰茎海面体の血管や神経を損傷するような手術・外傷、一部の泌尿器系の病気でもEDが起こりやすくなります。

B混合型ED

ストレスだけが原因、あるいは動脈硬化の進行や神経に障害があるだけが原因ということは少なく、どちらの要素も合わさった混合型EDが多いと考えられています。

Cその他(薬剤性ED)

一部の種類の薬剤には、EDの原因となるものがあります。

・中枢神経に作用する薬剤:解熱、消炎鎮痛剤、抗不安薬、抗うつ薬、抗けいれん薬、抗精神病薬、睡眠薬を含む向精神薬
・末梢神経に作用する薬剤:筋弛緩薬、鎮けい薬、麻酔薬、抗コリン薬
・循環器系に作用する薬剤:不整脈治療薬、利尿剤、降圧剤、血管拡張剤、高脂血症用剤
・消化管に作用する薬剤:消化性潰瘍治療薬、麻酔薬、抗コリン薬、鎮けい薬

酸化ストレスとED

ED 勃起不全とは?

ED患者は動脈硬化、高血圧、高脂血症、糖尿病といった生活習慣病を併発している割合が多いことが分かっています。これらの原因の1つが「酸化ストレス」です。

通常、活性酸素は抗酸化物質によって消去されますが、活性酸素の量が多くなり体内に残ってしまうと「酸化ストレス」となります。 酸化ストレスは血管や神経の細胞、細胞膜上のリン酸脂質、蛋白、糖質を傷害し、生活習慣病を誘発させます。
また血管傷害が進行することでNOの分泌が減りEDを引き起こす原因にもなっているのです。

ページトップへ戻る

わきが・多汗症 治療

男性診療

AGA 男性型脱毛症

医療ダイエット・痩身

男性美容

注射・点滴療法

SITE MENU

Copyright(C)新宿御苑 メンズクリニック, All Rights Reserved.