新宿御苑 メンズクリニック TOP > AGA・男性型脱毛症 / 成長因子(グロースファクター) 毛髪再生療法

AGA・男性型脱毛症 / 成長因子(グロースファクター) 毛髪再生療法

毛髪再生療法 成長因子グロースファクター

毛髪再生療法 成長因子グロースファクター

薄毛・抜け毛の大きな要因となっている“成長因子の不足”に着目した、
世界最先端の再生医療技術を応用した毛髪再生治療です。

グロースファクター成長因子

成長因子グロースファクター再生療法は、薄毛・抜け毛の大きな要因となっている“成長因子の不足”に着目した、世界最先端の再生医療技術を応用した毛髪再生治療です。

AGA(男性型脱毛症)や女性の薄毛も、成長因子の不足により毛髪成長シグナルが止まってしまっていることが大きな原因です。
成長因子グロースファクター再生療法では、この成長因子を頭皮に補い毛髪成長シグナルを正常に戻すことによって、 性別を問わずに様々な薄毛・抜け毛に対して優れた発毛・育毛効果を発揮します。

薄毛・抜け毛の原因である“成長因子の不足”を補うことにより、
正常の毛髪成長シグナルに戻し改善していきます。

男性型脱毛症とは?

薄毛・抜け毛治療のポイントは「成長因子」を補って、毛髪成長シグナルが止まってしまっている状態から正常の毛髪成長シグナルに戻すことといえます。 成長因子を補完する治療は、現在最も有効な薄毛治療として注目を集めています。

薄毛の原因は男性ホルモンの影響や仕事・生活でのストレス、栄養不足と様々ですが、いずれも成長因子が不足して、毛髪の成長シグナルが止まってしまっているという点では原因は共通しています。

成長因子とは動物の体内において特定の細胞の増殖や分化を促進するタンパク質の総称です。長年の研究により、このタンパク質が細胞と細胞の間の信号物質として働くことが分かっています。 この成長因子が不足して毛髪成長シグナルが止まると、毛髪の成長・再生も止まり、薄毛が進行してしまいます。

施術方法 育毛メソセラピー・ナパージュ法

治療においては従来の毛髪再生注入療法に対して、多種・多量の成長因子が抽出・配合された薬剤をナパージュ法で頭皮に浸透(注入)させていきます。グロースファクターは医療機関でのみ使用が許可されています。 さらにミノキシジル、キュラセンなどが治療に使われます。

メソセラピーとは、直接皮下へ医療薬などを注入する治療方法です。

育毛メソセラピーはメソセラピーを育毛分野に応用した新しい治療法で、育毛に有効とされている「成長因子グロースファクター」「ミノキシジル」「キュラセン」を直接注入することで補完し、 毛幹の再成長を促進することにより、止まってしまった発毛サイクルを取り戻そうという治療法になります。

当院では、ナパージュ法により有効成分を注入していきます。

浅く細かく注射し薄く薬剤を浸透させる方法で、発毛カクテルを頭皮の表皮に浸透させることで皮下組織に有効成分を届ける方法です。 成分の持続性が非常に高いことが特徴です。

"親切・丁寧・明朗会計"をモットーに患者様に最適なサービスを考えていきます。

当院では、お客様ひとりひとりに時間枠を取り、親身に丁寧なカウンセリング及び、施術を行っております。大型店 やチェーン店とは異なり、流れ作業のような施術は行っておりません。患者様に愛されるクリニックを目指して、 「明朗会計」をモットーにマニュアルではないひとりひとりの患者様に合った最適な治療法とサービスを考えております。 お気軽にお問い合わせ下さいませ。

ページトップへ戻る

AGA・男性型脱毛症 / 成長因子(グロースファクター) 毛髪再生療法Basic charge list

※料金はすべて税抜きになっております。

ページトップへ戻る

AGA 男性型脱毛症について

AGA 男性型脱毛症とは?

男性型脱毛症

AGAとは、Androgenetic Alopeciaの略称で、「男性型脱毛症」のことを指します。

AGAの特徴は、[額が後退する]、[頭頂部が薄くなる]です。このような頭髪の変化は、20代〜35歳までには、約40%の男女に何らかの脱毛の症状が現れます。 AGAの発症年齢や進行の程度には個人差がありますが、早い人では、10代で症状が現れるケースもあり、 このAGAは一般的に「遺伝」と「男性ホルモンの影響」から起こると考えられています。

特徴は? 細く短い毛で短命!?

初めは太い毛が抜けていきますが、次第に細く短い毛も抜けていきます。これは髪の毛の成長期が短くなってくるからです。 通常の男性の毛髪サイクルは2〜5年ですが、サイクルが非常に短くなり、十分に成長しきれないまま、休止期となり抜けてしまいます。

遺伝するの?

遺伝性はあります。血族に男性型脱毛症の人がいれば優位に遺伝します。父親が男性型脱毛症でなくても祖父、伯父など血縁関係者に男性型脱毛症がいれば隔世遺伝もあります。

男性型脱毛症の原因?

強力な男性ホルモン(DHT/ジヒドロテストステロン)が原因と考えられています。睾丸で作られた男性ホルモン(テストステロン)は5α-還元酵素によってDHTに変化します。作用はテストステロンの10〜50倍です。DHTの受容体があれば毛乳頭細胞へ侵入し、毛母細胞の成長を終わらせるシグナルを出して脱毛させてしまいます。

ページトップへ戻る

フィナステリド(プロペシアジェネリック) / 男性型脱毛症 治療薬

プロペシア

プロペシアは米国メルク社が開発した内服型の男性型脱毛症治療薬です。 すでに世界60カ国以上で承認、販売されており 男性型脱毛症の代表的なお薬です。 そのプロペシアの特許が2015年に切れたことに伴い、2015年4月6日、ファイザー製薬から国内初のプロペシアのジェネリック医薬品が販売されることになりました。

フィナステリド(プロペシアジェネリック)はプロペシアと同様、1日1錠服用するだけです。 服用する時間も食前、食後、就寝前など一切自由です。お酒との併用も全く問題ありません。

飲み始めて大体3ヶ月くらいで効果がでてきますが、確認までには6ヶ月の連日服用が必要です。 途中で服用をやめたり、効果が出たからといって服用をやめると元に戻ってしまいますので飲み続ける事が大事です。 「プロペシア」においては3年間服用された方の98%に何かしらの変化や脱毛の改善がみられています。

ザガーロ / 男性型脱毛症 治療薬

ザガーロ

プロペシア(フィナステリド)と同様に、男性における男性型脱毛症に効き目があるお薬です。 臨床試験成績により有効性と安全性が確認されたのは男性における男性型脱毛症のみであり、女性の脱毛や円形脱毛症などの他の脱毛症には効果はありませんのでご注意ください。 また、20歳に満たない未成年には臨床試験を行っておらず、安全性と有効性は確立しておりませんので処方できません。

MSD社のプロペシアやファイザー社のフィナステリド錠の添付文書にある「効果・効能」は 【男性における男性型脱毛症の進行遅延】に対してザガーロカプセルの添付文書では【男性における男性型脱毛症】という表記がされています。 『進行遅延』があるかないかの違いですが、ザガーロは臨床試験にて発毛・増毛の効果検証が詳しくされているため『進行遅延』だけに止まらず『発毛』を期待させるような 『進行遅延』というワードの無い表記となっているところも注目すべき点ではあります。

アロビックス / 男性型脱毛症 治療薬

アロビックス

アロビックスとは頭皮に直接塗布する国内で唯一、処方せん医薬品として承認されているAGA外用薬です。 男性型脱毛症(AGA)に効果的な塩化カルプロニウムを5%含んでおり、高い抜け毛予防効果を誇っています。

アロビックス液の主成分である塩化カルプロニウムは、頭皮の血管を拡張する効果が非常に強く、血流を飛躍的に良くする効果があります。 頭皮の血行を改善することで毛髪を形成する毛細胞が活性化し、発毛が促進されます。
同じ塩化カルプロニウムを使用している脱毛症治療薬としてフロジン液というものがありますが、 アロビックスはこのフロジン液のジェネリック医薬品で、より安価にお求めいただけます。

ページトップへ戻る

AGA 男性型脱毛症治療Basic charge list

※料金はすべて税抜きになっております。

ページトップへ戻る

わきが・多汗症 治療

男性診療

AGA 男性型脱毛症

医療ダイエット・痩身

男性美容

注射・点滴療法

SITE MENU

Copyright(C)新宿御苑 メンズクリニック, All Rights Reserved.